お金になるマンションを見つけよう

投資用ワンルームマンションは、絶対成功間違いなしのものを。

ワンルームマンション

新築の集合住宅

玄関を開けて入り、背にドアの閉まる音を聞きつつかがんで靴紐をほどく。
「ただいま」を言うこともなく、靴を脱いで上がって手を伸ばす先には電灯のスイッチ。パッと光が部屋の隅々までを一挙に照らす。

ワンルームマンションとは、その名の通り、部屋がひとつのマンションのこと。玄関があって、リビングと寝室と書斎を兼ねるひとつの部屋で、構成されたマンション。
このように書くと、どことなく狭苦しい賃貸の部屋をイメージする人がいるかもしれません。昔の苦学生か何かが住んでいた、「四畳半」みたいな部屋。
確かに、学生用のワンルームマンションとか、若い独身者用のワンルームマンションには、そういったところもあります。部屋が安いのが魅力の、シンプルかつコンパクトな住まい。
ただ、「投資用ワンルームマンション」の場合には、どことなく一人暮らしの「哀愁」みたいなものが漂う上記のような部屋とは別のワンルームを、イメージするのが正しいと言えます。

いくつもの部屋をかかえたマンションの部屋よりは、もちろん「シンプルかつコンパクト」という要素を持ってはいますが、何よりも「住みよさ」が備わっているマンションこそ、投資用ワンルームマンションの名にふさわしいものであると言えるでしょう。
それなりの広さ。清潔感。防音性。立地の良さ。「住みたい」と多くの人が思うであろうワンルームのマンション。それが、「条件ピッタリの物件」ということになるのです。

ところで、マンション投資のために用意されるマンションが「ワンルーム」なのには理由があります。
大きな価値の変動がないこと。極端に、あるいは頻繁に、価値が上がったり下がったりしないということ。シンプルかつコンパクトな物件であるがゆえに、ワンルームマンションには「安定性」があるのです。
これが、「ワンルームマンション」が選ばれる理由なのです。